2013年1月6日日曜日

「共同制作フレームワーク」による「ふわふわまかろん」2タイトル発売を報告いたします

当会で進んでいた同人CG集制作プロジェクトが2つ完成しまして、『ぱじゃいも!! 家族にはナイショでHな7日間』が12月22日、『いもじゅう! ぬるちゅぱ★甘姦Days』が12月29日よりDLsite.comにてダウンロード発売が開始されております。(各リンクは18禁サイトにて閲覧には注意してください。)

『ぱじゃいも!!』応援バナー
ぱじゃいも!!
当初、会内での募集企画としてスタートし、運営はアドバイザーとして無償参加しておりましたが、税務やサークル・ロイヤリティ管理を一本化し、永続的に共同制作を続ける場を設けるため、運営が管理する公式の「共同制作フレームワーク」へと変貌を遂げてゆきました。

共同作業フレームワークとは、「会員のプロデューサーが企画を立てて参加を呼びかけ、会から各分野のスタッフが結集してSkypeなどを通じたオンラインで共同制作し、収益金を分配していく仕組み」です。運営が責任を持って版権管理・収益金を分配します。

このようなフレームワークを作った動機は、皆様が過剰なリスクを負うことなく有償のプロジェクトに参加し、商業的な共同制作の実務経験を積み、深い交流を育み、成果報酬を得るという場の形成を促進していきたいからです。アマチュアの方は商業的制作経験を積む機会がなかなか得られない事も多いと思いますし、プロの方でも個人制作の機会にしか恵まれず、共同制作の醍醐味を感じられない事も多いだろうと思うからです。単価方式ではなく資本金ゼロの「レベニューシェア」ですので、ヒットした場合は大きな収入を得るチャンスもあると思います。

『いもじゅう!』応援バナー
いもじゅう!
フリーランス化が進むクリエイターの今後の創作のあり方として、「共同制作」が行われる場の価値というものを、再度見直したいと考えております。今後同人CG集のみならず、ゲームやアプリ開発などさまざまな商業的コンテンツ制作のフレームワークに進化していけたらと考えております。

今後も新規プロジェクトを複数立ち上げ、積極的に会内で共同でのコンテンツ制作に参加できる場を作り出していきたいと考えております。

詳細は入会してから、詳細PDFファイルをご覧下さい。

「共同制作フレームワーク」での「萌えエロ系」作品はサークル「ふわふわまかろん」で取り扱います。
(全年齢作品やハードなアダルト作品は、また別のサークルで管理するつもりです。)

ふわふわまかろん
萌えエロ同人サークル「ふわふわまかろん」