2012年10月23日火曜日

「友の会読書会」開催のお知らせ:伊藤計劃『虐殺器官』

「企画・ストーリー・シナリオ研究会」の定例活動として、本条靖竹を主宰として「友の会読書会」を開催します!
この企画は、限定コミュニティ内でのニコニコ生放送で行われる読書会です。 ぜひ話題作を読むきっかけにしてください。

第一回課題図書:伊藤計劃『虐殺器官』
(ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション版)
  
(より入手しやすい文庫版でも構いません)

日時:10月26日(金)21時〜 22時半
方法:MCによるボイスチャット形式で放送し、皆さんはコメントを書き込み、質疑応答する事で参加できます。(Skype凸もおk!)
またニコニコ動画のプレミアム会員なら放送後一週間のタイムシフト放送でも視聴できます。

なぜ読書会?
僕は「読むのが基本、書くのは応用」と考えています。話題の作品をしっかり読むのは基本のキです!
創作に迷ったら「まず読む事、そして真似をする事」で補える事はとても多いと思います。でも忙しい日々を過ごしていると、どんどん「読む」事がおろそかになるんですよね。「書く」ためにも、まず色んなものを読んで視野を広げるのが大事です。

読む過程の中でシナリオ・ストーリーの基本となる考え方も教えられます。そして市場の反応を見る事で、マーケティングの研究にもなります。

一人で読むには少しハードルの高い本も、課題としてみんなが読むなら入りやすいはずです。「視野を広げる」「作品を現象として捉える」事を主眼としたいと思っています。当作品はハードなSF小説ですが、今後旬のライトノベルなど、多種多様な作品を取り上げる予定です。

月一回程度の開催を予定しており、一年くらい読書会につきあっていただくと相当な創作の訓練になると思います。小説化・ライター志望者だけでなく、漫画やゲーム関係者など幅広い創作ジャンルの方を受け入れております。

あらかじめ課題図書を読んでおくのを推奨します。(文庫版でもOKです)
当読書会に参加したい(聞いてみたい)方は入会をお願いします。

入会案内ページへ