2012年10月27日土曜日

公式ニコ生放送2「今どんな感じ?」(2012/10/12)を掲載しました

2012年10月12日にニコ生で放送した、「2Dクリエイター友の会」についての公式放送第二回です。
(最初の無音部分はカットしてあります。また生放送時のコメントはありません。)
来場者数:1492人 コメント数:1741
会員数は220人弱。(2012/10/27現在)ただ今二期会員受付中。

第2回友の会読書会のお知らせ:丸戸史明『冴えない彼女の育てかた』

「企画・ストーリー・シナリオ研究会」の定例活動、本条靖竹主宰の「友の会読書会」第二回はライトノベルを扱います!
この企画は、限定コミュニティ内でのニコニコ生放送で行われる会員向け読書会です。 ぜひ話題作を読むきっかけにしてください。

課題図書:丸戸史明『冴えない彼女の育てかた』
 (富士見ファンタジア文庫)
  
日時:11月10日(土)21時〜

美少女ゲーム界最高のライターの一人と目される丸戸史明氏が、ライトノベルに初挑戦したこの作品を扱います。 「恋愛のかけひき」や「すれ違い」といったドラマ作りが評価される丸戸氏が、いかに対象層の違うライトノベルに取り組んだのか、考えつつ読むと面白いと思っています。

あらかじめ課題図書を読んでおくのを推奨します。

前回の伊藤計劃『虐殺器官』読書会でも話しましたが、同じ本を皆で読み感想を述べ合うと共に、「明日すぐに創作で使える」ような執筆における基本的な考えやテクニック、そしてビジネスとしての側面にも注目するクリエイター向け読書会にしたいと思っています。

ニコニコ生放送での限定コミュニティでの配信となりますので、視聴には承認が必要です。
当読書会に参加したい(聞いてみたい)方は入会をお願いします。

入会案内ページへ

2012年10月23日火曜日

「友の会読書会」開催のお知らせ:伊藤計劃『虐殺器官』

「企画・ストーリー・シナリオ研究会」の定例活動として、本条靖竹を主宰として「友の会読書会」を開催します!
この企画は、限定コミュニティ内でのニコニコ生放送で行われる読書会です。 ぜひ話題作を読むきっかけにしてください。

第一回課題図書:伊藤計劃『虐殺器官』
(ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション版)
  
(より入手しやすい文庫版でも構いません)

日時:10月26日(金)21時〜 22時半
方法:MCによるボイスチャット形式で放送し、皆さんはコメントを書き込み、質疑応答する事で参加できます。(Skype凸もおk!)
またニコニコ動画のプレミアム会員なら放送後一週間のタイムシフト放送でも視聴できます。

なぜ読書会?
僕は「読むのが基本、書くのは応用」と考えています。話題の作品をしっかり読むのは基本のキです!
創作に迷ったら「まず読む事、そして真似をする事」で補える事はとても多いと思います。でも忙しい日々を過ごしていると、どんどん「読む」事がおろそかになるんですよね。「書く」ためにも、まず色んなものを読んで視野を広げるのが大事です。

読む過程の中でシナリオ・ストーリーの基本となる考え方も教えられます。そして市場の反応を見る事で、マーケティングの研究にもなります。

一人で読むには少しハードルの高い本も、課題としてみんなが読むなら入りやすいはずです。「視野を広げる」「作品を現象として捉える」事を主眼としたいと思っています。当作品はハードなSF小説ですが、今後旬のライトノベルなど、多種多様な作品を取り上げる予定です。

月一回程度の開催を予定しており、一年くらい読書会につきあっていただくと相当な創作の訓練になると思います。小説化・ライター志望者だけでなく、漫画やゲーム関係者など幅広い創作ジャンルの方を受け入れております。

あらかじめ課題図書を読んでおくのを推奨します。(文庫版でもOKです)
当読書会に参加したい(聞いてみたい)方は入会をお願いします。

入会案内ページへ

2Dクリエイター友の会 公式ニコ生放送1(2012/09/14)を掲載しました

2012年9月14日にニコ生で放送した、第一期会員受付時の説明動画 

(最初の無音部分はカットしてあります。また生放送時のコメントはありません。) 
生放送&タイムシフト放送(7日間)の来場者数:1453人 コメント数:1711

youtubeにもUPしました。

2012年10月11日木曜日

10月12日から二期会員を受け付けします&ニコ生放送のお知らせ


アニメ監督・錦織博さんや…
イラストレーター・ふゆの春秋さんも
運営協力として参加!
(13日追記)ニコ生放送の最初の無音部分をカットしたタイムシフト放送です。一週間視聴可能です。
ニコニコ生放送タイムシフト「2Dクリエイター友の会2期募​集&今こんな感じ」

(12日追記)お待たせしました!二期会員受付を再開しました。

今回は特に締切日を設定せず、ある程度の人数を受け入れる予定です。(ただし人数を見て締め切りますので、お早めに。)


二期受付にあたり、また運営から12日21時よりニコ生放送をします。内容は会の現状を伝えたり、ご質問に答えたりする予定です。パーソナリティは本条靖竹&しるどら。入会を検討されている方はぜひご覧下さい。
ニコ生放送へのリンク


現在(第一期)の会員数は160名となっております。第二期は100〜200名程度の人数を受け入れる予定です。(タイミングをみて締め切ります。)
第一期受け入れ時から、変更点がいくつかありますので説明いたします。

(1)Vプリカでの決済を不可とします。かわりに銀行振込(年払い)にも対応します


VプリカはPayPalの定期支払い(購読)が仕様上不可でした…。新設される銀行振込の場合、年払いのみ、隔週(月初と第三週初)での入会手続きとなりますので、待ち期間が発生します。やはり即日入会できるクレジットカード・デビットカード推奨となります。尚、以前からお知らせしていたように二期からは個人情報保護・データ保護の観点から無料期間はありません。

(2)入会制限として、「日本語を用いる事ができる、クリエイターを志す18歳以上の方」とします。


学生でも業界人でも可ですが、クリエイターを志していない、例えば異性との出会い目的の方や営業活動目的、ファン活動目的の方などは、当会の目的とは異なる事を理解していただきたく思います。(人材の募集やコラボレーションは推奨しております。)

18歳以上という年齢制限はコミュニティでの議論の上で今回から追加しましたが、課金トラブルや言動の自己責任能力を鑑みた措置です。当会の内容が性的なものである事を意味しているわけではありません。若い方は18歳になってから入会してくださいね。

(3)会員ガイドラインの制定


コミュニティ内での議論の上に、会員ガイドラインを制定しました。会員にはこのガイドラインの遵守が義務づけられますので、入会前にご確認ください。特にコンテンツ業界人の方は、フリーランスの方や志望者の方たちが発言しにくくなる事態を防ぐため、所属している会社名・担当部署の公表が義務づけられますので、ご注意ください。(業界人ルール)

変更点は以上となります。そして以下は、二期会員受付に伴う新たな情報公開となります。

運営協力者の公表


アニメ監督の錦織博さんに加え、イラストレーターのふゆの春秋さんも積極的に会の運営に協力してくださっております事を公表いたします。詳しくは運営プロフィールをご覧下さい。他にもたくさんのプロのクリエイターの方々が、すでに熱心に教え合い・助け合いに協力してくださっております。

で、今はどんな活動をしているの?


基本的にはFacebook上での「非公開グループ」機能を用いた、ジャンルごとに研究会(サブグループ)を作っての情報交換が主となります。(現在のどんな研究会があるかは入会案内ページに記載されております。)イラストの添削や企画書、シナリオや自作曲などをUPして感想をもらったり、上達や仕事をする上での情報交換は活発にされています。また秋葉原でのオフ会もすでに行われ、会員による自主的な地方都市でのオフ会も予定されています。

Skypeでのグループチャットも活発で、運営代表の本条靖竹による人生相談や対談企画なども計画されております。

注目すべき動きとして、募集掲示板で呼びかけられたゲーム制作やCG集などの企画が、無償・有償含めすでに複数のプロジェクトとして立ち上がっており、プロの方が主導して利益を狙うものや、無償での公開を目指すものなど、それぞれ活発に動いております。いち早く当会で得たつながりをきっかけに原画家デビューされる方もおられます。

すでにイラストレーター、グラフィッカー、漫画家、ゲーム会社の経営者、ライトノベル作家、編集者、プログラマー、スクリプター、音楽制作者など、忙しい仕事の合間に、楽しんで教え合いに参加されている様子です。個人情報保護を第一に考えているため会員リストは公開できませんが、入会されると有名・無名問わずバラエティに富んだ方々が参加されているのに驚くと思います。

全体に熱意が高く、各会員のキャリアはまちまちなれど、気づきやひらめき、充実したつながりが生まれていると思います。運営としては予想以上に充実したコミュニティになりつつあると感じています。

このコミュニティは次世代の「人材育成」を大きな理念の柱にしておりますので、学生さんでも、未経験者でも、「意欲」さえあれば暖かく歓迎されます。反応は非常にポジティブです。

ではでは、12日のニコ生放送でお会いしましょう〜!(*^_^*)
皆様の入会を楽しみにお待ちしております!!

入会はこちらから

2012年10月10日水曜日

VプリカでのPayPal定期購読は不可でした

すでに会員の方にはお知らせしたのですが、PayPalでの定期支払い(購読)は、Vプリカでは不可と判明しました…。無料体験期間の購読はできたのですが…Vプリカでは一回払いのショッピングのみに対応しているようです。

あまり情報がなかったもので、第一期は不完全な情報で受け付けてしまい、申し訳なく思っています。
クレジットカード・デビットカードでは可能です。
また、新しく銀行振込による年払いに対応する予定です。

二期の受付は10月12日(金)に開始する予定です。
またニコ生放送をして、「今どんな感じなの?」という質問に答える予定です。

その前に、すでに会内での議論の上に決まった投稿ルールや入会規制を公式サイト上に掲載いたします。